腰部脊柱管狭窄症に悩まされているなら専門医に相談だ!

注意が必要な感染症

聴診器

ウイルスが原因の喉の痛み

子どもに喉の痛みの症状が現れることはよくあることです。子どもは大人より抵抗力が弱いので、アデノウイルスやエンテロウイルスといったウイルスに感染しやすく、こうしたウイルスのせいで喉の痛みという症状が出るのです。アデノウイルスが引き起こすプール熱や、エンテロウイルスが引き起こす手足口病などは比較的ありふれた子どもの感染症なので、伊丹の小児科にかかっていれば対症療法で治癒できる場合がほとんどです。しかし、子どもの感染症の中には危険性の高いものもあるので、喉の痛みの場合にも油断せず伊丹の小児科で正確な診断をしてもらうことが大切です。喉の痛みとともに重篤な合併症を起こす可能性のある細菌に、溶血性連鎖球菌というものがあります。

溶連菌感染症になったら

溶血性連鎖球菌は略して溶連菌とも呼ばれる細菌です。この細菌は患者の唾液やくしゃみなどによる飛沫感染によってうつります。また、細菌がついた手によって経口感染することもあります。伊丹の小児科ではこの溶血性連鎖球菌の検査を実施していますので、気になるときはすぐ検査してもらうことをおすすめします。溶血性連鎖球菌に感染すると高い熱が出て、強い喉の痛みがあります。特徴的な症状のひとつにイチゴ舌というものもあります。これは舌に赤いプツプツができてまるでイチゴのように見えるというものです。溶血性連鎖球菌で伊丹の小児科にかかると、細菌を殺すために抗生物質が投与されます。子どもに抗生物質を最後まで飲ませるのは難しいことではありますが、菌を完全に取り除くために処方されたとおり飲みきることが重要です。