HOME>特集>経営者必見の節税対策法~節税になる保険の入り方~

経営者必見の節税対策法~節税になる保険の入り方~

電卓を持つ人

節税と保険の関係性とは

同じお金を所有していてもお金の使い道で、税がかかったり、税がかからなかったりします。税がかからない方が良いと考える人は、保険に加入して、節税対策をするとお金が有効に活用できるでしょう。加入すると必ず非課税になるかというとそうではありません。保険の中でも課税となるケースもあるので、きちんと理解した上で加入しましょう。税金対策で有効な商品は、終身型保険、生命保険などです。掛け捨てやがん商品に入っても節税にはならないので注意しましょう。お金を贈与する場合は、口約束ではダメなので、契約者をきちんと作ることが大切です。法人の場合も節税対策が必要になります。法人で節税のために車を買うと聞きますがあまり有効的ではありません。

相談

節税対策として上手に利用しよう

法人で年末決算スレスレで経費が余ることがあります。生命保険で節税をする人が多いです。理由は、保険は、すぐに加入することが出来るので、決算にも間に合うからです。生命保険の強みは、自由自在に商品を組み合わせることが出来ることです。貯蓄性の高いものであっても、大金を損失として支払うことが出来るのです。法人税法できちんと認められているものになるので、とても安心です。保険料を払う現在は、損失となりますが、貯蓄性があるので、将来戻ってくるので、大変便利です。商品も数多くあり、企業もたくさんあるので、1つの商品を検討するだけでなく、色々検討した上で、自分の会社にはどのプランが最適なのか考えて、節税対策として、うまく利用すると良いです。