腰部脊柱管狭窄症に悩まされているなら専門医に相談だ!

病気の進行を食い止める

親子

ウイルスや菌の感染予防

悪性リンパ腫とは、血液の中に含まれる白血球の中のリンパ球というものが癌になったものです。首やわきの下、太ももの付け根あたりなどリンパ節が多く存在する部位にしこりが出来てどんどん成長していきます。全身に広がるようになると、体重が急激に減ったり発熱、寝汗を頻繁にかくようになります。悪性リンパ腫発症の原因には様々なものがありますが、ウイルスや菌に感染することで発症リスクが高まると考えられています。胃潰瘍の原因になると言われるピロリ菌や肝炎ウイルスなども関係していると言われています。いずれにせよ、悪性リンパ腫が発症すると免疫力が低下しているので体を温めて血行を良くし体温を上げるなど免疫を高める生活習慣を積極的に行っていくことが大切です。

放射線や化学療法が中心

悪性リンパ腫の治療法としては、放射線や化学療法が中心に行われます。全身を流れる血液の癌であるため、手術など局所的な治療が行えず全身の治療を行う必要があります。放射線と化学療法を同時に行っていくことで、症状を抑えて再発や悪化を防ぐことが出来ると考えられています。現代では、副作用が強く体への負担が大きいと言われる抗がん剤も進化してより副作用が少なく体への負担も最小限になったものも増えていると言われています。早い段階で病院で治療が始められれば、その分長期生存も可能になると言われています。再発を防いだり症状悪化を防ぐためにも、定期的な検診は欠かさず免疫力を高めるケアを行っていくことは大事であると言えます。