腰部脊柱管狭窄症に悩まされているなら専門医に相談だ!

放置すると危険なめまい

医者

メニエール病は、回転性のめまいと難聴を伴う内耳の病気です。また、その症状が繰り返し起こることも特徴です。強いめまいと難聴の症状が表れたら、なるべく早く病院を受診しましょう。睡眠不足や疲労などのストレスに気を付け、適切な治療を受けることが大切です。

もっと知ろう

脚の痺れと痛みの原因

看護師

脊柱管が狭くなります

人間の身体は骨格と筋肉で支えられて、直立歩行ができるようになっています。そして、脊柱が身体の芯になり、重心移動がスムーズにできるのです。脊柱は、頸椎と胸椎そして腰椎等からなり、頸椎には7個の椎骨、胸椎には12個の椎骨、腰椎には5個の椎骨があります。そして、それぞれの椎骨の中心部には脊柱管と呼ばれる大きな管があります。脊柱が支えている頭蓋骨には大脳等の中枢神経が格納されており、そこから伸びる神経の束である脊髄は、脊柱管の中を通って腰椎の上部まで達しています。しかし、年齢を重ねることで脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される現象が起こります。これを脊柱管狭窄症と呼び、特に頸部と腰部に起こりやすくなります。現在、脊柱管狭窄症の治療には、より安全に行うことができる内視鏡手術が一般的になってきました。

腰部に起こると

脊柱管狭窄症が腰部に起こると、脚の痺れと痛みの原因になります。この病態を腰部脊柱管狭窄症と呼び、加齢に伴い多くの人が腰部脊柱管狭窄症を発症することになります。腰部脊柱管狭窄症の症状がひどいケースでは、歩行困難となり生活に大きな支障を来します。ですから、できるだけ早い治療が必要となります。現在では、内視鏡手術によって安全性が増したとは言え、手術の失敗は大きな後遺症を招く恐れがありますから、より慎重に病院を選ぶ必要があります。そこで、腰部脊柱管狭窄症の手術実績が豊富な病院をインターネットを使って探してみると良いのです。インターネットの口コミ情報サイトを活用すれば、最寄りで評判の良い病院が見つけられるはずです。

病気の進行を食い止める

親子

悪性リンパ腫はウイルスや菌の感染予防を行い、免疫力を高めていくことで予防したり症状を改善させることにつながります。悪性リンパ腫の主な治療法としては、放射線や化学療法などが中心となり症状に合わせて一緒に行われます。

もっと知ろう

注意が必要な感染症

聴診器

子どもは大人より抵抗力が弱いため、さまざまなウイルスに感染して喉の痛みを訴えることがあります。その中には特に注意が必要な感染症もあります。それが溶血性連鎖球菌による感染症です。伊丹の小児科ではこの細菌の検査を行っています。もし感染していたら、抗生物質を最後まで飲むことが大切です。

もっと知ろう